鍼灸院で不妊症を治療される方へ

中々子供に巡り合えない夫婦の方々もいらっしゃると思います。そんな不妊症でお困りの方は鍼灸施術が効果がある、と聞いた事のある方もいらっしゃると思います。しかし鍼灸施術はすぐに効果が現れる訳ではありません。あくまで妊娠しやすい身体作りをする方法として考えておきましょう。一言に不妊と言っても子供が出来ない原因は様々な事があります。日頃の生活習慣の悪影響、心のバランスの乱れなども原因の一つとして考えられます。治療方法としてゆっくりと丁寧に治療していく事で、子宝に恵まれる身体作りと変えていく、と思っていてください。ご自身でもただ鍼灸院に通うだけでなく、ストレスを溜めない、身体を冷やさない、生活習慣を改善するなどの対策は必要となってきます。鍼灸院では生活上の困った事などのアドバイスも貰えるので、気軽に相談してみてはいかがでしょうか。

西洋医学とはまた違う鍼灸院での不妊治療

不妊の治療は病院で行われる治療が画期的でもあり代表的でもありますが、実は鍼灸院でも行われている治療の一つです。ただし、そのアプローチは全く異なります。西洋医学では、外科的行為により子供をお腹に入れようと試みますが、東洋医学ではあくまで母体の合意を得るという試みと言えます。これは例えるなら、病気の時は食欲が無い、ということに似ています。何か病んでいる時は食べ物を体が受け付けません。それは、その時は病と争うことに全体力を傾ける為、食べ物の消化に使う体力も病の治癒に回している為です。しかし病が消えればまた、ちゃんと食欲が出てきます。妊娠もまた、これと同じです。体に蓄積した数々の要因があることにより、体が妊娠を受け付けていないと言えます。鍼灸院では不妊と一見何の関係も無い治療を行うように見えますが、それは体にたまった数々の妊娠に適さない要因を改善する治療です。そしてそれら妊娠に適さない要因が解消できた暁には、体は母体として妊娠の合意を与えてくれるようになります。

鍼灸院で子宮の力を高め不妊改善

私が通っている鍼灸院では、不妊治療の一貫として通われている方が多くいらっしゃいます。35歳を超えると、高齢出産という括りになりますが、通院されている実に7割の方がその35歳以上だと言います。この年齢は、子宮、卵巣が老化してくる年齢、妊娠しづらくなる年齢と言われていますね。そこで鍼灸院での施術は、子宮卵巣と言った臓器に限局して刺激を伝えて、結果として血流をよくしていく効果があります。実際に、体外受精と併用すると効果が上がるとのことで、4ヶ月間通院した方の66パーセントもの方が妊娠に至ったというデータも出ています。人は誰でも出産する力を持っています。ですが加齢と共にその能力は落ちていきますから、今、出産を悩まれているのなら1度この鍼灸院で相談してみると良いでしょう。それからでも選択をするのは遅くはありません。