妊娠したくてもできない辛さや焦りは、長期不妊治療になればなるほど、女性にとって大きなプレッシャーとなって重くのしかかってきます。
それをしっかり理解し、患者様の立場に立って親身に相談に応じたり、治療も負担がかからないように自然なスタイルで妊娠できるようにサポートしてくれるような病院が最適なのではないでしょうか。
不妊は、患者様の置かれている生活環境、体質、年齢など、ありとあらゆる状況が複雑に絡み合い原因となっていることもあります。親身な対応をしてくれる病院は、様々な治療法から患者様に最適と思われる治療法を選び出して試してくれます。
確かにタイミング法は排卵日を予測して行う治療法ではありますが、妊娠しにくい体質となってしまっている患者様に行っても、あまり効果はでません。妊娠しにくい体質を妊娠しやすい体質にしてから、行えばとても有効な方法です。
不妊の体質は女性ホルモンのバランスを整えることで改善される可能性が高いのです。
年齢による不妊も同じようなことがいえます。ですからまずは妊娠しやすい体作りを考えてくれるような病院を探していけばいいのです。この治療でできなかった時は、次の治療法をドクターと一緒に考えていけばいいのです。
決して焦ってもいい結果には結びつきません。常にゆったりとした気持ちで「神様からの授かりもの」という考えくらいの気持ちでいけばいいのではないでしょうか。患者様だけが辛いわけではありません。
女性の産婦人科医の中には、自らも不妊で悩み苦しみ、その中で命を授かった方もいます。
このような産婦人科医に出会うことができたとしたら、患者様も自分の立場を本当の意味で理解できるドクターとの出会いとなりますから、安心して任せることができるのではないでしょうか。
また不妊で悩んでいる方には、周囲の理解と包容さが必要不可欠です。
ご主人様も大きな支えとしてとても重要な立場にあります。様々な苦難の時を支え、共に考え、治療できるようにしていく環境づくりが大切です。妊娠は、女性のものだけではありません。
ご主人様もあるからこその授かりものです。
もし治療をしていても解決ができないときは、人工授精や体外受精という方法があるのです。ですからゆったりした気持ちでいけば、いつか必ずかわいい赤ちゃんを出産できるようになるでしょう。現在も不妊治療の技術は、常に進歩しています。患者様の不妊がたとえ原因不明であったとしても、妊娠する方法は見つかるはずです。