男性が原因となっている場合の不妊治療の大きな壁と治療機関の調べ方

不妊治療は昔から女性の側に受胎妊娠できない原因があるものとして捉えられてきたこともあり、夫婦などのカップルの女性の側が積極的にその原因究明に向けた治療や診断などが行われてきました。
しかし近年の研究によると、不妊の原因は男女のそれぞれの原因は4割とされており、その他の原因不明によるものが2割との報告がなされています。この結果を受ければ、従来のようにカップルのうち女性サイドが不妊治療やそれに関する各種の検査を受けても、何ら異常が発見されなかったケースにおいては男性側に何らかの原因があるものと考えることが普通となっています。
男性側に不妊の原因は生じるケースには、成人してからの高熱の発症や幼少期における鼠径ヘルニアなどによるその年齢期においての輸精管が極めて細いことによる、当該手術時における医療ミスとは言えない輸精管の手術時においての結紮が原因となって、精通時以降における精液の通過障害や造精子機能の低下、精液は出るものの精液中の精子の量や活動量、精子の形状の異常などをきたすことが挙げられます。
これらはカップルの男性の性行動や相手方の女性に何らかの問題があることによって生じるものではなく、生殖可能な人間として成熟するまでの間における疾病などの何らかの原因によって生ずるものであるため、男性は何ら恥じ入ることがないにもかかわらず、生殖不能であることがある意味において社会的あるいは人間的なコンプレックスとして捉えられる傾向にあることから、相手方の女性側からパートナーに対して精液検査などの精密検査をお願いしても拒否されることが多いとされています。
自分たちの子供をもうけるということは一方の性だけで成し遂げることができるものではなく、一般的に男女双方の合意に基づく生殖行為によって受胎、妊娠、出産という過程をたどることから、カップル間でお子さんを授かることを望むのであれば、専門機関を受診して男女ともに不妊治療に協力して取り組むことが肝要です。女性の治療を取り扱っている医療機関や医師に比較すると、その数はかなり低く、都市部に偏在しているものの、近年では認知度も高まっているので、不妊治療を扱っている産婦人科や泌尿器科を受診して相談をすれば、もう一方の方が原因と思われるケースについて専門に治療を行っている医療機関やクリニック、あるいは医師を紹介してもらえることがあります。それでもダメな時はインターネットなどで検索をすると、自治体から助成を受けることができる医療機関や出産に至ったデータなどを調べることができます。